厚生年金&国民年金「ねんきん格差」の受給額

みんなの受給額「国民年金」

続いて、国民年金の受給額についてみていきましょう。

フリーランス(自営業者)は第1号被保険者、専業主婦(夫)は第3号被保険者となります。

先述の「会社員」は第2号被保険者となり、厚生年金と国民年金の両方を受給できますが、自営業者と専業主婦(夫)が受け取れるのは国民年金のみ。

では、現在の国民年金の受給額の分布を確認していきます。

国民年金:男性

  • ~1万円未満…1万2693人
  • 1万円~2万円未満…6万803人
  • 2万円~3万円未満…22万1983人
  • 3万円~4万円未満…70万6206人
  • 4万円~5万円未満…134万5582人
  • 5万円~6万円未満…312万4529人
  • 6万円~7万円未満…849万4551人
  • 7万円以上…38万1323人

国民年金:女性

  • ~1万円未満…:6万6247人
  • 1万円~2万円未満…24万4695人
  • 2万円~3万円未満…74万63人
  • 3万円~4万円未満…226万4161人
  • 4万円~5万円未満…336万406人
  • 5万円~6万円未満…454万1337人
  • 6万円~7万円未満…598万7227人
  • 7万円以上…144万306人

国民年金の平均年金月額

全体:5万5946円  男性:5万8866円  女性:5万3699円

厚生年金とは異なり、国民年金の受給額には男女差はさほど見られないようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。