還暦60代「貯金は2000万円」貯めてる人はどのくらい?

Aleksei Morozov/iStock

2019年、金融庁が発表した報告書をきっかけに、「老後2000万円問題」がメディアを通じて大きく取り上げられました。

もう1年以上前の出来事ですが、今もなお、世間のみなさんの関心は高いままです。

幅広い世代の方々が老後に対して不安を抱いているわけですが、特に老後を目前にした60代の不安は切実です。

私はこれまで資産運用アドバイザーとして、多くのお客様のファイナンシャル・プランニングを担当してきました。

60代のお客様の多くは、「貯金もないし、これからの生活が不安」など、定年後の生活不安を抱えて相談に来られます。

続きを読む

そこで今回は、還暦60代の貯金事情に焦点を当て、60代の貯金がどのくらいあるかを見ていきたいと思います。

還暦60代、平均貯蓄額はいくらか

60代は生活にゆとりがあり、貯金に余裕もある世代、と考えている人も多いと思います。

子供の教育資金は多くの人が不要、住宅ローンの支払いもほぼ片付いて、どちらかと言えば、ある程度の資産を保有しているイメージでしょうか。

では実際に、還暦を迎えた60代が、どれだけ貯金をしているのか見てみましょう。

今回は、金融広報中央委員の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世論調査](令和元年)」を参考にします。60代の平均貯蓄額は以下のとおりです。

60歳代の平均金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯も含む)

  • 平均金融資産保有額:1635万円
  • 中央値:650万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。