50代貯蓄額のデッドライン「老後破産」はこうして避ける

~挽回のカギを握る「ゴールデン貯蓄期間」とは~

50代は「ゴールデン貯蓄期間」挽回は十分可能

ただ50代で貯蓄額が少ないからといって、必要以上に悲観する必要はありません。

実は50代は以下の理由などから、お金の貯まりやすい「ゴールデン貯蓄期間」と呼ばれており、方法によっては十分に挽回することも可能だからです。

収入がピークを迎える

さて、国税庁の資料より、50代とその前後の世代の平均給与を表にまとめてみました。

国税庁が発表した令和元年(2019年)の年代別給与平均では、50代前半・後半が最も給与が高いという結果になっています。

つまり、多くの人にとって50代は収入のピークを迎える時期といえるのです。

子どもが大学を卒業し「教育費」が不要に

結婚・出産の時期にもよりますが、50代になると子どもが大学を卒業し、教育費の負担が軽減するケースが増えてきます。

教育費は住居費、生活費と共に「三大支出」と呼ばれる大きな出費のため、この負担がなくなると家計に余裕が生じ、貯蓄することが容易になります。

子どもの独立によりミニマルな生活が可能に

また子どもが独立して一人暮らしを始めた場合、自宅で生活するのは夫婦二人だけとなります。

そのため広い住居は不要となり、また食費なども減ることから、「ミニマルな生活」を送ることができるようになり、生活自体にお金がかからなくなってくるのです。

収入がピークに達し、支出が大幅に減少する50代。

50代の年間の平均貯蓄額は約180万円といわれていますが、この「ゴールデン貯蓄期間」を最大限に活用すれば、大きく挽回することができるはずです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
杉浦 直樹
  • 杉浦 直樹
  • アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)/JSA認定ソムリエ/元歌舞伎役者

元歌舞伎役者・ファイナンシャル プランナー・ソムリエという異色の経歴を持つ。大学卒業後、広告代理店制作部のコピーライターとして職に就くも一転、人間国宝四世中村雀右衛門に入門。15年間歌舞伎座・国立劇場などの舞台に立つ。役者時代の芸名は、大谷友三郎(おおたにともざぶろう)・中村京子郎(なかむらきょうしろう)。プジョーシトロエンジャポン入社後、シトロエン新車販売で日本一のセールス成績を3回おさめる。のちソニー生命保険株式会社にスカウトされ入社。AFP・住宅ローンアドバイザーの資格を取得、家計コンサルティングをしながら生命保険・損害保険を販売。その後JSA認定ソムリエの資格を取得。ソムリエ兼支配人として、東京広尾のブルゴーニュとシャンパーニュの古酒専門フレンチレストラン「レヴェレンス」を運営(~2018年)。