元信金職員ココだけのハナシ「お金がない人のNG習慣3つ」

Aleksei Morozov/iStock

リスやハムスターなどは餌を隠して貯食する行動をとることで知られています。

一度に全部食べずに、あとで食べるために食料を保管しておくのです。

皆さんの中にも毎月給料をもらったら全部使い切らず、将来のために貯蓄をしているという人が多いでしょう。

しかし、中には給料をもらっているのに、いつまでたってもお金が貯まらないと嘆いている人もいるかもしれません。

私は大学卒業後、信用金庫での勤務経験があり、FPの資格を持つファイナンシャルアドバイザーとして、多くの方のファイナンシャルプランニングに関わってきました。

続きを読む

そこで今回は、お金がない人の3つのNG習慣について見ていきたいと思います。

お金がない人のNG習慣その1:貯蓄専用の口座を持っていない

お金がない人は、生活費も貯蓄もすべて1つの口座に紐づけている人が多いかもしれません。

給与の入金口座しか、銀行口座を持っていないという人は特に注意が必要です。

生活費と貯蓄が給与口座で管理されてしまうと、毎月給与が入ってきただけ使い切ってしまう可能性が大です。

何か欲しいものがあったとき、今月は使いすぎたなと思ったとき、口座の残高を見て「まだ使えるな」と思ってしまったら、それはNG習慣かも。

お金を貯めるなら、別口座を用意しましょう。

勤務先に財形貯蓄制度がある人はそれを活用するのも名案です。毎月の給与から強制的に天引きされますので、着実にお金を貯めることができます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。