続く緊急事態宣言下、より一層のテレワークが推奨されています。場所に縛られず働けることで多くのメリットがありますが、一緒に働く仲間の姿が見えないことで難しさを感じる場面も多いようです。

特に部下のマネジメントをする立場にあれば「仕事をちゃんと進めているのか」「今どんな状態なのか」など、不安に思うこともあるでしょう。そこでこの記事では、テレワークを成功させるいくつかのポイントについてお伝えします。

部下を信頼することから始まる

続きを読む

仕事をしている様子が見えないという状態は、思った以上に影響を及ぼします。「サボっているのではないか?」と疑ってしまう気持ちも分からなくはありません。

しかしテレワークに何より欠かせないのはお互いの信頼関係です。上司が部下を疑う気持ちがあると、管理が厳しくなったり、必要以上に報告を求めたりと、余計なギスギス感が生まれてしまいます。いわば性善説が前提にないと成り立たないといえるでしょう。

なかには業務時間中、ビデオ会議ツールを常時つなぎっぱなしにする会社もあるようです。人によっては「監視」されているようなストレスを感じ、業務に支障をきたす恐れもあります。精神論のようになってしまいますが、まずは上司が部下を信頼することが大前提です。部下のモチベーションや生産性にも大きくかかわるため、テレワークではこれまで以上に強く意識してみてください。

テレワークでは、メールやチャットツールなど文字(文章)でのやり取りが増えた人も多いはずです。だからこそ、面と向かってはいいにくいことを伝えるチャンスでもあります。「期待しているよ」「あなただから任せるね」など、相手への信頼感を伝えてみてはいかがでしょうか。