100円ショップは無駄遣い⁈夫からみた「妻のNG節約」

便利なものがあれもこれもお得な価格で並んでいる100円ショップ。「必要なものはまずは100均にないか覗いてから買う」なんていう賢い主婦もいるのではないでしょうか。しかし、この100円ショップ、「安いから」の罠に意外とハマりやすいことにお気づきでしょうか。今回、「自称節約妻」の間違った節約術を夫目線でチェックしてもらいました。

生活に欠かせない100円ショップ

私たちの生活に欠かせない存在ともいえる100円ショップ。特に有名なのが、ダイソー・セリア・キャンドゥ・ワッツの4社ではないでしょうか。

業界動向サーチが発表した「100円ショップ業界の現状と動向(2020年版)」によりますと、2009年から2018年までの10年間、100円ショップ業界は増加傾向にあり19年はほぼ横ばいで推移しています。大手100円ショップ各社の売上高は、ダイソーが前年比3.6%減の4584億円(2020年2月期、11ヵ月の変則決算)、セリアが同6.5%増の1814億円(2019年3月期)、キャンドゥが0.7%増の721億円、ワッツが3.9%増の531億円と、ダイソーはややマイナスでしたが、いずれも好調な業績を残しているといわれています。

今までは「ちょっとくらいチープでも安い方がいい」といった型落ち品を購入するイメージが強かった100円ショップですが、近年はおしゃれでかわいい商品が増え、オリジナル商品などを開発し差別化を進めています。そのため、若い女性や主婦などの心をとらえることが多く、インテリアなどに活用する人も少なくない傾向のようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学卒業後、日用品メーカーに勤務。宣伝・広報部門を担当し、 商品の魅力を伝える仕事を経験。 パブリシティ活動を中心としたテレビ・雑誌メディア媒体の対応を担当。現在もトレンドを取り入れた情報発信をおこなう。また、官公庁や一般企業にて経済系部署での事務補助、奨学金事務などを経験。その後、結婚・出産を機に2児の母ライターに。その経験を活かし、教育や進学のお金にまつわる記事や、家事・育児に関する気になる話題を中心に執筆。子育てでは「3歳までに1万冊」の読み聞かせ育児を取り入れるなど、あらゆる角度から家庭学習への取り組みを実践中。