気になる隣の財布事情。年収600万円世帯「ホントの貯蓄額」

コロナ禍を経験して社会情勢が不安定な今、お金の大切さを痛感している人も多いでしょう。「毎日仕事があって、給料がもらえるだけでもありがたい」と思うこともありますよね。

しかしながら、日々の生活の中で心豊かに衣食住を満たすためには、やはり手元にあるお金は“ギリギリライン”ではなく、少しでも余裕がほしいもの。

そこで今回は、「ちょっぴりリッチ」な年収600万円世帯にフォーカスし、貯蓄額や上手な貯蓄術について考察します。

暮らしにゆとりが欲しい!日本の年収平均値はどれくらい?

「共稼ぎの我が家は、夫婦合わせて年収約450万円程度。子どもは中学生と高校生、まだまだお金がかかるし、毎日節約の日々。夫婦二人でホテルディナー、なんてはるか昔の思い出です」(女性 45歳)

「独身の私は、年収400万円そこそこ。一人暮らしなので収入はすべて自分のために使えます。でも、万が一病気になったときや、不測の事態でまとまったお金が必要になったら、この年収では少々不安かも」(男性 41歳)

国税庁「令和元年分民間給与実態調査 2 平均給与」によると、平均給与額は436万円。単純計算でこれを12ヶ月で割れば、給与月額は約36万円ということになります。ここから税金や家賃、光熱費、通信費、食費に子どもの学費、と差し引けば、「手放しで余裕」という状態ではないかもしれませんね。

そうなると、ひとつの「憧れの年収目安」である600万円世帯なら、給与月額が約50万円となり、平均給与世帯よりも毎月14万円もの余裕があるという計算になります。これだけあれば、余暇に趣味や娯楽を楽しむ余裕が生まれそうなものですが、実際のところ、600万円世帯の人はどのような生活を送っているのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

企業におけるCS向上戦略や従業員育成の講師業経験を活かし、ビジネス誌におけるコミュニケーションスキルやビジネスマナー関連の連載経験、戦国武将の生き方にヒントを得た現代人への仕事エッセイの連載経験あり。また、ストレスフルな現代における「癒し」を追求し、ヨガインストラクターとしても活動中。執筆におけるモットーは、「読んだ後に何かひとつでも気づきを提供できる文章を書く」。