Kis-My-Ft2デビュー10周年を支えたファン達のお金事情

ジャニオタの経済学シリーズ(4)

Aleksei Morozov/iStock

私は柴犬とともに悠々自適に一人暮らしをしながら、金融の営業に携わる30代後半の独身女性です。

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんの沼に首までハマっています。藤ヶ谷くんのファンになり丸4年になります。

2021年Kis-My-Ft2(キスマイ)はデビュー10周年を迎えます。この10年、彼らを支えて来たのは多くの熱心なファンであることは間違いありません。

ジャニオタの経済学シリーズ第4弾では、「Kis-My-Ft2 デビュー10周年を支えたファン達のお金事情」と題して、キスマイを支えてきたファンの皆さんの経済事情を考察したいと思います。

続きを読む

キスマイは挫折した子が集められたグループ

キスマイは2005年7月26日結成されました。グループ名はメンバーのイニシャルから取っており、ジャニーさんが付けてくれた個性的で素敵な名前です。

  • Ki 北山宏光(35歳)
  • S 千賀健永(29歳)
  • M 宮田俊哉(32歳)
  • Y 横尾渉  (34歳)
  • F 藤ヶ谷太輔(33歳)
  • T 玉森雄太(30歳)
  • 2 二階堂高嗣(30歳)

結成から15年、この7人が誰1人として欠けることなく苦楽を共にし、長年活動を続けられたのはファンとしても嬉しいかぎりです。

デビュー10周年で全員が30歳以上であることも珍しいことです。ちなみにメンバーの千賀くんは、3月がお誕生日で今年30歳になります。

そう、彼らはデビューまで苦労に苦労を重ねた遅咲きのアイドル。メンバー全員がキスマイ結成前、そしてデビュー前に挫折を味わっているのです。

デビューする予定だったのに、そのグループから外されたメンバー。後輩が先にデビューして、それをただ見るだけしかできなかったメンバー。

藤ヶ谷くんに関しては、1998年の入所からデビューまでに、13年もの長い年月がかかりました。小学5年生のときからです。

本当は掴んでいたはずのデビューが消え、元々一緒に活動していた人の活躍を見ている日々はどんなに辛かっただろうかと胸が締め付けられる思いです。

キスマイは皆が皆、挫折を味わってからデビューしているのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
嘉村 有衣子

高校卒業後、通信機器の法人向けセールス等を経て、全労済や大手保険代理店などの金融サービス業等にて勤務。全労済時代には3年連続全国1位、保険代理店時代にはANP(Annualized New business Premium、新契約年換算保険料)で全国1位を達成。金融商品販売において卓越したセールススキルを持つ。保険代理店を退職後、現在はファイナンシャルアドバイザーとして、生命保険のみならず、投資信託など、幅広い金融商品のコンサルティングを行っている。一種外務員(証券外務員一種)、保険募集人資格などを保有。