2020年振り返り~不確実性の時代~

昨年の弊社の投資環境見通しでは、2020年は「不確実性の時代」。ジョン・ケネス・ガルブレイス氏の著書「The age of uncertainty (不確実性の時代)」にあるように、「前世紀の経済思想の中にあった確固たる確実性」が崩壊してしまい、不確実性に直面するだろうという予想でした。

2020年を振り返ってみると、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、世界各国で封鎖措置が取られ、経済活動がストップ。コロナ禍で実施された異例の米大統領選挙では、現職のトランプ大統領が大接戦の末に敗れるなど、まさに不確実性に覆われた1年となりました。

続きを読む

その中で、株式などリスク資産は大きく下落し、コロナショックとも呼ばれる落ち込みとなりましたが、2020年の各資産クラスの騰落率を示したグラフにも示されているように、ほぼすべての資産クラスで2020年はプラスパフォーマンスを記録し、特に、米国株式は21.3%の好パフォーマンスとなりました。

その背景には、米連邦準備理事会(FRB)が政策金利を1.0-1.25%から史上最低の0.0-0.25%に引き下げ、量的緩和を実施し、金融緩和政策による低金利が米国株式のバリュエーションを押し上げ、同時に新型コロナウイルス対策としての政府支出が家計の需要を下支えした「政策の力」が挙げられます。