元銀行員に聞いた。お金が貯まらない人がやりがちなNG行動3選

長引くコロナ禍の中、雇用の不安定さやボーナスの削減など、懐事情が厳しくなっている今。

総務省統計局が2020年10月30日に発表した「家計調査(貯蓄・負債編)2020年(令和2年)4~6月期平均結果」を2019年の同4~6月期と比較してみると、ほぼ全世代で貯蓄額が増加していることが分かります。その平均貯蓄額は、2020年が1,748万円、昨年は1,697万円です。レジャーなどの機会が減ったことに加え、不安定な状況下でいざというときに対し備える気持ちもあるかもしれませんね。

しかし一方で、貯金が苦手なタイプの人がいることも事実。今回は、元銀行員に聞いた「お金が貯まらない人がやりがちなNG行動」についてご紹介します。

1:月の収支を把握していない

月の収支を把握していなければ、自分が何にどれだけ使い、どのくらい貯金ができるのかを明らかにすることができません。近年はカードやスマホ決済などで現金のやり取りをしないことが増え、残高の把握が難しくなっているケースも。月の収支を把握することには、以下のようなメリットがあります。

・なににどのくらい出費しているか可視化でき、無駄があぶり出せる
・先取り貯蓄の計画が立てられる
・ライフイベントに早めに対応できるようになる

「毎月、残ったお金を貯金にまわそう」と考えていると、なかなか結果が出ないものです。月の収支を把握し、その中からあらかじめ「先取り貯蓄」をしておくことで、計画的にお金を増やしていくことができます。簡単に始められる家計簿アプリなどを活用し、まずは1ヶ月の家計収支を確認してみましょう。

収支が明らかになると、「大きなお金の使いどころ」も決断できるようになります。「高価だから買えそうにない」と思っていた商品も、マネープランを立てて計画的に資金を捻出することで購入できるようになるのです。これは子どもの教育資金や、自分たちの老後資金にも関わる問題です。目の前のやりくりだけにとらわれず、長い目をもってお金を使うようにしてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

IT企業の金融系子会社で債務整理に関わる業務に携わり、さまざまな人間模様を垣間見てきました。出産後はフリーライターとして活動中。生活を締め付けない節約ライフを目指して、暮らし・育児・お金に関わる情報を発信していきます。