共働き夫婦が住宅ローン控除をフル活用する方法【FP解説】

Olga Strelnikova/shutterstock.com

現在住宅購入を検討中の方や、住宅ローンを返済中の方であれば、「住宅ローン控除」のことをご存じの方も多いかと思います。

住宅ローン減税とも呼ばれるこの制度、毎年末の住宅ローン残高または住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%(ローン残高3,000万円であれば30万円)が所得税及び住民税から「税額控除」されるというもので、支払う税金の額から直接引いてもらえる税額控除のため家計を助ける効果は抜群です。

続きを読む

ではこの住宅ローン控除、旦那様だけではなく、奥様も共にダブルで控除を受けることができるということをご存じでしょうか。

今回はどうすれば夫婦で「ダブル住宅ローン控除」を受けることができるのか、またこの仕組みを活用して「パート年収103万円問題」を解決する方法などをくわしくお伝えしてまいります。

夫婦で借りる住宅ローン、2つのパターン

夫婦それぞれ住宅ローン控除を受けるためには、共働きでそれぞれが税金を納めていることと、それぞれが住宅ローンを返済していることが条件となります。
夫婦で借りる住宅ローンには一般的に次の2つのパターンがあります。

夫婦それぞれが住宅ローンを組む「ペアローン」

ペアローンとは、夫婦それぞれが別々に住宅ローンの契約をする「2本立てローン」の形態を取るものです。
例えば借入総額が3,000万円の場合、旦那様が2,000万円、奥様が1,000万円の住宅ローンを契約するといったイメージになります。

1本のローンを夫婦で返済する「連帯債務」

連帯債務とは、1本の住宅ローンを夫婦2人で支払っていくというイメージです。
例えば主たる債務者が旦那様の場合、奥様は連帯債務者となり、2人の収入を合算して住宅ローンを組み、2人協力して返済していきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
杉浦 直樹
  • 杉浦 直樹
  • アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)/JSA認定ソムリエ/元歌舞伎役者

元歌舞伎役者・ファイナンシャル プランナー・ソムリエという異色の経歴を持つ。大学卒業後、広告代理店制作部のコピーライターとして職に就くも一転、人間国宝四世中村雀右衛門に入門。15年間歌舞伎座・国立劇場などの舞台に立つ。役者時代の芸名は、大谷友三郎(おおたにともざぶろう)・中村京子郎(なかむらきょうしろう)。プジョーシトロエンジャポン入社後、シトロエン新車販売で日本一のセールス成績を3回おさめる。のちソニー生命保険株式会社にスカウトされ入社。AFP・住宅ローンアドバイザーの資格を取得、家計コンサルティングをしながら生命保険・損害保険を販売。その後JSA認定ソムリエの資格を取得。ソムリエ兼支配人として、東京広尾のブルゴーニュとシャンパーニュの古酒専門フレンチレストラン「レヴェレンス」を運営(~2018年)。