ことし65歳の人に「年金請求書」が届いたら

「65歳になるまで」はどうしたらいいの?

国民年金も厚生年金も原則65歳からの支給となると、それまでの間はどうなるのでしょうか。年金保険料の納付を終える60歳から、年金支給がスタートする65歳までの間(特別支給の老齢年金対象者は、該当する年齢に達するまで)は、「待機期間」となります。

「待機期間の生活費が不安」と感じた方は、繰り上げ受給をして支給開始年齢になる前に年金を受け取ることもできます。ただし、この「繰り上げ受給」をすると、65歳以降に受け取る老齢年金が減額されてしまいます。利用を検討する際は、メリット・デメリットを踏まえたうえで判断しましょう。

「特別支給の老齢厚生年金」って?

厚生年金の支給開始年齢は以前の「60歳」から段階的に引き上げられ、2020年現在は国民年金と同じ65歳からとなっています。その経過措置として、以下の条件にすべて当てはまる人は、65歳まで「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができます。
●以下の日以前に生まれている

  • 男性…1961年4月1日
  • 女性…1966年4月1日

●老齢基礎年金の受給資格期間(10年)がある
●厚生年金保険等に1年以上加入していた
●60歳以上である

なお、支給開始年齢は生年月日によって変わります。ご自身の支給開始年齢を確認しておきましょう。

年金はどうやったら受け取れるの?

ここまでの内容を整理すると、受給要件を満たしていれば

  • 64歳まで…特別支給の老齢厚生年金(※)
  • 65歳から…本来支給の老齢年金

を受給できるということになります。

では、これらの年金はどのような手続きを経て受け取れるのでしょうか。次で整理していきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。