ことし65歳の人に「年金請求書」が届いたら

年金請求書の郵送・提出期限って?

最後に、年金を受け取るために必要な「年金請求書」の郵送・提出期限をチェックしておきましょう。

はじめて老齢年金を請求する場合

  • 年金請求書が届く時期…受給開始年齢に到達する3か月前
  • 年金請求書の提出期限…誕生月の末日(1日生まれの場合は前月末日)まで。

「特別支給の老齢厚生年金」受給中の場合

  • 年金請求書が届く時期…65歳になる誕生月の初旬(1日生まれの場合は前月の初旬)
  • 年金請求書の提出期限…誕生月の末日(1日生まれの場合は前月末日)まで。

年金請求書の記入例など

日本年金機構「はじめて老齢年金を請求するとき

なお、提出方法は

  • 年金事務所へ郵送
  • 年金事務所や「街角の年金相談センター」の窓口に提出

のいずれかとなっています。提出期限に遅れると、本来支給される老齢年金が一時保留になるので注意しましょう。

さいごに

なかには、「いつからもらえるのか」「いくらもらえるのか」といった、年金受給額や支給開始年齢ばかり気にしていた方も多いのではないでしょうか。老後資金の計画を立てることは大切ですが、受け取る際の手続きについておさえておくことも必要です。今回ご紹介した内容をもとに、年金を受け取るまでの流れをイメージしておきましょう。

なお、年金には「5年」という時効が存在します。請求をしないまま5年が過ぎた場合、本来支給されるはずだった年金を受け取ることができません。年金受給年齢に近い方は、期限までに年金請求書を提出するよう意識しておきましょう。

OneMile セミナー

参考資料

日本年金機構サイトより

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。