貯蓄1000万円達成目指すなら、年収はいくら必要か

世帯年収別の貯蓄額はいくらくらい?

年収600万円世帯はどんな家計?

平均で貯蓄1,000万円になる年収600万円世帯ですが、家計的にはどのようになっているのでしょうか。まず、負債額から見ていきましょう。

二人以上世帯(勤労者世帯)の負債額

  • 年収600万~650万円

貯蓄額1,072万円/負債額1,039万円(うち、住宅・土地のための負債976万円)

  • 年収650万~700万円

貯蓄額1,278万円/負債額827万円(うち、住宅・土地のための負債764万円)

貯蓄額から負債額を差し引くと、純粋な貯蓄額はかなり少なくなりそうです。しかし負債の内訳は住宅・土地のための負債であり、持ち家率も約8割となっています。

年収600万円台世帯の持ち家率

  • 年収600万~650万円:79.8%
  • 年収650万~700万円:81.4%

また、年収600万円台世帯の「世帯主の年齢」については、47歳から48歳であり、ちょうど住宅ローンや教育費の支出が多い世代に該当するようです。

年収600万円台世帯の世帯主の年齢と世帯人員(人)

  • 年収600万~650万円世帯

世帯主の年齢:47.5歳/世帯人員:3.40人(うち18歳未満:1.08人)

  • 年収650万~700万円世帯

世帯主の年齢:48.4歳/世帯人員:3.46人(うち18歳未満:1.07人)

家族構成や年代を見ると、住宅ローンが家計の中で大きな割合を占めていたり、教育費もまだまだかかるという実情が見えてきます。それでも年収600万円台世帯では平均的に貯蓄1,000万円台であるという実績を参考にできそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。