退職金の少ない人が、実践したいお金の老後対策

おわりにかえて

今回は退職金の観点から老後の資産形成について見てみました。

企業によって退職金制度は異なることがわかりました。

「自分の会社は退職金がない」、「転職したから大した退職金は見込めない」という人は、運用の力を借りて自分だけの退職金を形成してください。

運用することで、老後への不安感が和らぎ、少しゆとりのある老後を迎えることができるかもしれません。

ただ、「資産運用をしてみたいけれと、どうすればいいのかわからない」という人は、1人で悩まないでください。資産運用のプロから積極的にアドバイスを取り入れていただくことをおすすめします。

最近ではオンラインで無料相談を受けられるサービスも増えていますので、失敗しないためにもお金のプロと一緒に資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。

OneMile セミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。