還暦後60代、貯蓄2000万円以上ある世帯はどのくらい?

今の暮らしを見直して、無理のない老後生活を

生活に必要な老後資金は、それぞれのライフスタイルによって違います。先ほどの松井証券調査でも、『老後に必要だと思う資金は』という問いに対し「2,000万円」という答えが出ているところを見ても、金融庁の調査がもたらした『老後2000万円問題』を多くの人が意識していることが分かります。

もちろん貯蓄がしっかりあれば安心ですが、2,000万円あるからといって必ずしも安泰というわけでもないのが現実です。老後資金に不安を抱えているのなら、まずは家計支出を明らかにして、老後に向けたマネープランを立ててみてはいかがでしょうか。

OneMile セミナー

【ご参考】貯蓄とは

総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

参照

古谷 梨子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

都内在住、元IT企業OL。育児や節約、社会問題について、共感できる情報を発信していきます。