働く60代、公的年金をもらっている人はどれくらい?

60代の「収入」と働く理由、働かない理由とは

goodluz/shutterstock.com

2021年4月から改正「高齢者雇用安定法」がスタートし、70歳までの就業機会を確保することが企業の努力義務になります。定年の70歳への引上げを義務付けるものではありませんが、長く働きたいと思っている人にとっては朗報です。一方、60歳定年制を採用している企業はいまだに少なくありません。

60歳で定年を迎えた後、再雇用制度などによって会社に残れたとしても年収は大きく目減りするケースが一般的です。人生100年時代が間近に迫る今、定年後の生活に不安を感じる人も多いことでしょう。そこで今回は、労働政策研究・研修機構(JILPT)の「60代の雇用・生活調査」をもとに、働く60歳の収入についてご紹介します。

続きを読む

働く60代は全体の何割いる?

本調査によると、60代で2019年6月時点に「収入を伴う仕事をしていた人」の割合は全体の59.0%です。とくに、男性の60~64歳は約8割が働いて収入を得ていますが、65~69歳では男女とも働く人が2割ほど減少しています。

働く60代の1カ月あたりの賃金等収入はいくらか?

2019年6月時点の賃金等収入を男女別・年齢階級別にみていきましょう。

賃金等収入(税込み)には、賞与、年金、恩給、雇用保険等の給付金、財産収入、その他仕送り金等は含みません。自営業については、売上高から諸経費を差し引いて月割りにならした額としています。

拡大する

「60代の男女別賃金等収入」(JILPTの資料をもとにLIMO編集部作成)

男性の60代前半では20万~30万円未満がもっとも多くなっていますが、60代後半では突出した階級がみられず、広く分布しています。女性では60代前半と後半で大きな変化はなく、どちらも5万~10万円未満がボリュームゾーンです。男性にとって通常50代は人生でもっとも収入が多い時期です。60代で収入が激減することで働くモチベーションが下がる人も少なくありません。

雇用形態をみると男性の60代前半では正社員がもっとも多く、37.1%を占めます。60代後半では正社員が18.8%に減少し、パート・アルバイト(34.1%)や契約社員(22.5%)として働く人が増えています。女性ではいずれの年齢階級でもパート・アルバイトがもっとも多く、60代前半では61.5%、60代後半では69.8%を占めています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。