水素事業拡大の三菱重工が急騰!日経平均株価はついに27,000円台に 【東京株式市場】 2020年12月29日

copy URL

株式市場の振り返り-日経平均株価は大幅続伸、終値は約30年4カ月ぶりの高値水準

2020年12月29日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 27,568円(+714円、+2.7%) 大幅続伸
  • TOPIX 1,819.1(+31.1、+1.7%) 大幅5日続伸
  • 東証マザーズ株価指数 1,192.1(+30.2、+2.6%) 3日ぶり大幅反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,814、値下がり銘柄数:316、変わらず:46
  • 値上がり業種数:31、値下がり業種数:2
  • 年初来高値更新銘柄数:79、年初来安値更新銘柄数:3

東証1部の出来高は10億2,087万株、売買代金は2兆2,042億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。

新たな経済対策法案を受けた米国市場の大幅上昇を受けて、リスクオンモードが一気に高まりました。ただ、年末で市場参加者も少なく、売買代金は2兆円を上回るレベルに止まっています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は大幅続伸となり、約29年8ヶ月ぶりに27,000円を回復し、終値は約30年4カ月ぶりの高値水準となりました。取引時間中の高値は27,602円(+748円)、安値は26,921円(+67円)となり、値幅(高値と安値の差)は約681円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで大幅高となり、こちらは5日続伸で引けました。

東証マザーズ株価指数は3日ぶり反発、売買代金は連日で2,000億円を上回る

東証マザーズの出来高は8,647万株、売買代金は2,308億円となりました。

出来高は前日より減りましたが、売買代金は増加しています。売買代金は173日連続で1,000億円を超え、連日で2,000億円を上回っています。

また、主力銘柄に買戻しが入ったこと等から、株価指数も大幅上昇で3日ぶりの反発となりました。終値も1,200ポイント回復まであと一歩の水準です。

イオンが4日連続の上場来高値更新、ファーストリテイリングは初の9万円台乗せ

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ファーストリテイリング(9983)
  • ソフトバンクグループ(9984)
  • 東京エレクトロン(8035)

株価指数への寄与度の高い値嵩株が買われ、ファーストリテイリングは初の9万円超えで上場来高値を更新し、東京エレクトロンも同じく上場来高値更新となりました。

また、小売り株ではイオン(8267)が引き続き買われて4日連続の上場来高値更新となり、前日に一時大幅安となったニトリホールディングス(9843)も急反発しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。