カー用品も「かわいくおしゃれ」の流れ!そのワケを解説

Photoroyalty/Shutterstock.com

ひとくちに「カー用品」と聞くと「武骨」「黒い」というような印象を持ちやすいですが、近年、おしゃれなカー用品店・カーグッズが増えてきていることはご存じでしょうか。

今回は、それらをご紹介しつつ、「なぜ」そのような状況になっているのか、乗用車の普及率などのデータをもとに解説を加えていきます。

続々増えるカー用品扱う「おしゃれなオートバックス」店舗

「カー用品店」の事例についてご説明します。カー用品店大手のオートバックスが近年展開している一部店舗は、説明されなければ「オートバックス」関連店舗とは思えないほど、おしゃれな雰囲気です。

続きを読む

2017年に創業の地(大阪市北区・堂島)のオートバックス・出入橋ビル内にカフェをオープンさせています。カフェは広々としており、電源も備えているため、コワーキングスペース的に使いやすい作りです。公式Twitterでもその旨をアピールしています。

このようなカフェ併設のオートバックス店舗は都内にもあり、東雲(A PIT オートバックス東雲)と代官山(代官山ポディウム(Podium))に出店しています。

特に、東雲の店舗はブックストア・カフェ・キッズスペースを併設し、「クリスマスカードづくり」ワークショップなどの女性客を意識したイベントを精力的に実施しているのが特徴的です。

代官山の店舗も、カフェの写真を見ると「カー用品店」に併設されているとは思えないほどの居心地のよさそうな空間が広がっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
當瀬 ななみ

東京大学文学部卒。大学卒業後、株式会社カヤックなどの複数のソーシャルゲーム企業でゲームの企画や運営・KPI分析に従事。現在はwebサービス・アプリを運用する、東証一部上場の事業会社に勤務し、サービス企画・ディレクション・KPI分析・担当サービスのP/L管理に従事。業務の一環として官公庁の統計データ分析・企業の決算分析などを行っていたことから、経済メディアに寄稿多数。webサービス・アプリの実績を分析し、それらが及ぼす影響についての解説記事を執筆。