老後に2,000万円必要は嘘?老後に年金だけで暮らしていく方法

Naumova Marina/shutterstock.com

2019年、金融庁が公表した「老後の生活費は2,000万円不足する」という資料がメディアで取り上げられ話題となりました。年金だけでは老後資金が足りないということに不安を覚えた方も多いでしょう。

しかし、老後の生活費を節約すれば年金だけで暮らすことも不可能ではありません。この記事では、本当に老後2,000万円が必要なのか、どうすれば年金だけで生活していけるのかについて解説します。

老後2,000万円必要は本当なのか

続きを読む

老後2,000万円問題の発端となったのは、金融庁の金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」の内容です。この報告書の内容は、「夫65歳以上、妻60歳以上の高齢夫婦無職世帯では、毎月の収支の不足額が約5万円となるため、老後が20~30年だとすれば単純計算で1,300万円~2,000万円が必要となる」というものでした。

この報告書の「毎月の収支の不足額が約5万円」という根拠は、総務省の「家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年)」の、夫65歳以上、妻60歳以上の高齢夫婦無職世帯の1カ月あたりの収支が元になっています。この調査の家計の収支をみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。Twitter:まきあん