「年収500万円以下でも資産1000万円」の人が、苦労したこと&後悔したこと。

Zephyr_p/shutterstock.com

「人生100年時代」、というと聞こえがよいですが、生きているうちに貯金が底をつくリスクも高まっています。老後の支えとなる年金や退職金の支給額は、今後減っていくと予想されています。

老後資金の不足で将来後悔しないためには、どんな点に注意すればよいのでしょうか。

年収500万円以下で「資産1000万円」を作った人たちに聞いてみた

株式会社アイネット証券が2020年9月に、「1,000万円以上の資産を貯めた年収300万~500万円の人」を対象として、「1,000万円以上の資産作りに関する調査」を実施しました。その結果をピックアップしてみていきます。

続きを読む

はじめに、1,000万円以上の資産を作った方法についてみていきましょう(複数回答)。

  • 「貯蓄」・・・81.3%
  • 「投資」・・・45.8%
  • 「副業」・・・17.1%

8割の人が貯蓄で堅実に資産を作っている様子です。投資を活用した人も半数ほど存在します。資産形成にかかった時間では、「15年以上」が21.0%でもっとも多くなっています。

つぎに、「1,000万円以上の資産を作るうえで大変だったこと」を紹介します。

  • かなりの期間を要する・・・31.7%
  • 収入と支出のバランス維持・・・29.3%
  • 投資のための資金の用意・・・14.9%
  • 欲しい物があっても我慢した・・・12.8%

資産作りの背景にさまざまな苦労があったことがうかがえます。まとまった資産を作るためには、長期間にわたって努力し続ける必要があるようです。「1,000万円以上の資産を作るうえで必要なこと」をたずねた設問では、43.9%の人が「目標を見据えた強い意識」を挙げています。

さいごに、「始めておけば良かったと思うこと」をチェックしておきましょう。上位には投資に関係する項目がランクインしています。

  • 投資商品の勉強・・・37.1%
  • 積極的に投資先を増やす・・・20.1%
  • 短期と長期を見据えた資産作り・・・18.7%

「(投資なら、)もっと短期間で貯められた可能性がある」という意見も見られました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。