クリスマスは地味になった!? コロナ禍の今年は”昭和なクリスマス”に

平成の30年間は12月23日が祝日だったこともあり、クリスマス商戦で気分が盛り上がったものです。時は流れ、昨年からスタートした令和は、昭和時代と同じく「土日に重ならないかぎり平日が続くクリスマスウィーク」です。昨年の12月、スーパーや100均に行くと、以前よりも「お正月の方に力を入れている」と感じて驚いたことをよく覚えています。

そして今年は、新型コロナウイルス感染再拡大の中、クリスマス物とお正月物が同時期から並んでいる状態。イルミネーションの中止や規模縮小も相まって、一見クリスマス商戦が下火になっている印象もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

続きを読む

今年のクリスマス商戦は巣ごもり消費狙い

冬に入り、テレビCMを見て気がついたことが2つありました。ひとつはチキンやケーキといったクリスマスの定番商品のCMを目にする機会が例年より少ない印象であること。もうひとつは、そうしたCMで外出を促すような心弾む映像や音楽は控えられ、「家で身近な人と楽しい時間を過ごす」状況を前提とした作りをしていることです。

ケンタッキーフライドチキンが2020年11月27日から放送開始をしたCM「クリスマス予約」は、これまでの華やかさを排除し、新しい生活様式に則った事前予約を促すものでした。

淡々とした雰囲気の広告ということもあり、少々クリスマスが地味になったようにも映りますが、筆者の近所のケンタッキーの受付表では、人気のある曜日や時間帯は早々に予約数に到達し、「受付終了」の文字が貼られていました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手学習塾で講師を6年間務める。塾講師と自らの子育ての経験を元に教育関連の記事を執筆するほか、個人ブログ「透明教育ママ見参!!」やYouTubeチャンネル「透明教育ママ 中山まち子」で情報発信をしている。「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか、「アーバン ライフ メトロ」「アクセス進学」に連載中。