次期戦闘機報道で三菱重工が+8%高に迫る急騰! 日経平均株価は3日ぶり反発 【東京株式市場】 2020年12月14日

copy URL

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり反発、FOMC結果待ちで積極的な売買見られず

2020年12月14日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 26,732円(+79円、+0.3%) 3日ぶり反発
  • TOPIX 1,790.5(+8.5、+0.5%) 続伸
  • 東証マザーズ株価指数 1,187.8(+1.7、+0.2%) 小幅続伸

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,333、値下がり銘柄数:755、変わらず:92
  • 値上がり業種数:27、値下がり業種数:6
  • 年初来高値更新銘柄数:96、年初来安値更新銘柄数:1

東証1部の出来高は11億5,345万株、売買代金は2兆3,331億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。

先週末のメジャーSQを波乱なく終えたものの、今度は今週予定されているFOMCの結果待ちのスタンスが強くなり、一気に模様眺めムードとなりました。それでも、売買代金は2兆3,000億円レベルを維持しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価はやや方向感に乏しい値動きの結果、3日ぶりの反発となりました。ただ、後場に入ってからは上げ幅を縮小する展開だったようです。取引時間中の高値は26,870円(+218円)、安値は26,648円(▲4円)となり、値幅(高値と安値の差)は約222円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで続伸となりました。また、取引時間中には年初来高値を更新し、約2年2カ月ぶりに1,800ポイントを回復する場面も見られています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。