DXの真っ赤な嘘!? ビジネスマンのとっても怖い未来の話

敏腕営業マンの未来は絶望的?

DXの本質は見誤られがちなのですが、デジタルの革新ではありません。ビジネスモデルの革新こそが、その本質です。つまり「全国すべての店頭にタブレットを設置した」だけではDXではないのです。

DX推進によるビジネス構造の変化をアメリカの事例から見ると、企業内のIT内製化が急速に進行します。従来、外部に発注していたシステム開発等を社内に取り込むわけです。これは、経営判断やビジネスの中核的な機能が、IT基盤上にシフトしているからです。

日本の場合はどうでしょうか。従来から日本企業はIT関連のベンダー等への外部依存率が高いのですが、ただこれも、大手シンクタンクのレポートによると、「ITベンダーやSIer(エスアイヤー)に所属するIT系人材の企業内IT部門への移動が進む」と予想されています。

この流れが進むと、未来においては「IT業界」という言葉は消滅するのかもしれません。つまり、あらゆるビジネスにおいてIT化こそが自明なものになるからです。

「ウチの情シスの奴らって、なにか利益だしてるの?」そんな風にうそぶいている敏腕営業マンに未来はないのかもしれません。これはちょっと、怖い話です。さて、これからプログラミングの勉強でもしますか。ただ、これも日本でDXが実現すればの話ですが。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)