「退職金」と「年金」で老後は安泰?退職後60代のお金事情に迫る

現在、2013年の「高年齢者雇用安定法」の改正を受けて、希望をすれば65歳まで働き続けることが可能となっています。60歳で退職する人もいれば、65歳まで働き続ける人もいるなか、やはり気になるのは退職後のお金のこと。それまでの貯蓄、退職金、そして年金が老後の生活を支える三本柱になるかと思います。

金融中央広報委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」から、まずは退職前の50代の貯蓄額についてみていきましょう。この調査によると、50代の貯蓄額の平均値は1,194万円、中央値は600万円であるということが分かります。

貯蓄額などでは、一部の富裕層によって平均値が上振れしてしまうことがよくあるため、中央値を使っておおよそ真ん中となる数値を出しているのですが、600万円という金額を聞いて「このままで老後は大丈夫なのだろうか」と少し不安になる方も多いのではないでしょうか。退職後のお金事情について考えていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

金融業界・教育業界での職務経験を経て、結婚後はwebライターと大学受験に関する仕事に携わっています。小学校・中学校・高校の第一種教員免許保持者。銀行での勤務経験を活かした年金・貯蓄に関する記事や、探究心強めな性格を活かした生活に役立つ記事を執筆しています。