「2020年冬ボーナス」支給率が高い業界・低い業界、その理由

eamesBot / shutterstock.com

コロナ禍の2020年。外出自粛などの影響を受け、業界によっては厳しい業績となっている企業が多数いる一方で、株式市場では日経平均株価が29年ぶりの高値をつけて話題となりました。業績によって左右されるボーナスですが、私たちの家計に大きな影響を与えます。そろそろ支給される企業も多いと思いますが、その額は2019年と比べてどうなるのでしょうか。エン・ジャパンの調査をもとにみていきます。

「冬ボーナス」支給予定は6割、減額予定企業が多い業界は?

続きを読む

エン・ジャパン(株)が運営する求人支援サービス『engage(エンゲージ)』上において、「2020年冬季賞与」に関するアンケート(有効回答数:1,263社)を実施しました。これによると、2020年冬のボーナス支給予定の企業は66%となり、支給予定企業の48%が「賞与支給額は変わらない予定」と、半数以上が例年通り支給する予定のようです。業界別の支給予定企業の割合は以下の通りです。

2020年冬ボーナス支給予定の業界

1位:メーカー(89%)
2位:商社(79%)
3位:不動産・建設(75%)
4位:流通・小売(71%)
5位:金融・コンサル(67%)
6位:運輸・物流(65%)
7位:IT・通信・インターネット(61%)
8位:サービス(49%)
9位:マスコミ・広告(35%)
その他(65%)

コロナ禍で外出自粛の影響が大きい「サービス」、そして景気のあおりを受けやすい「広告」の支給予定企業が少ないようです。「マスコミ・広告」は3割となっています。

また、支給予定の企業でも「減額予定」企業は21%。2019年は6%と、15ポイントも増加しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。