節約につながった!「今年やめてよかったこと3選」

2020年も残すところあとわずか。今年1年みなさんの家計には節約の成果がありましたでしょうか。

節約がうまくいった方なら「来年はもっと!」、思うように成果が出なかった方は「来年こそは!」という思いを新たにする時期です。来年の目標を考えるにあたり、節約のために「新たに始める」ことだけでなく、「やめる」という視点も取り入れてみてはいかかでしょうか。

そこで本記事では、今年筆者が出費を減らすためにやめた結果、家計の節約につながったことを3つご紹介していきます。

続きを読む

やめたこと① 食料品や日用品のストック買い

1つ目は、食料品や日用品のストック買い。

割引やポイント還元のお得感から、つい買っておきたくなるのが食料品や日用品のストック。特に、年末年始は家族とゆっくり過ごせるように、いつもよりも多めにストックを準備しておく家庭も少なくないでしょう。

筆者も、食料品だと調味料やドレッシング、洗剤やシャンプー・トリートメントなどの日用品は、「どうせすぐになくなるし、いずれは買うことになるのだから…」とセール時やスーパーに立ち寄ったときにはストック買いをしがちでした。

というのも、割引やポイントアップによってお得に買えることはもちろん、すぐに必要ではないモノでもついでに買っておくことで、スーパーに行かなければならない回数を減らすことができると思っていたからです。

しかし実際には、ストック品があるという安心感からか、1回分の消費量が自然と多くなっていることに気が付きました。ストックがなかったときよりも、1本がなくなるペースが速くなっていたのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

経済学部卒業後、クレジットカード・投資(株・FX)などの金融系コンテンツを得意とするフリーランスのライターとして活動。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Ameba」など複数メディアに寄稿中。お金のスキルをもとに、女性ならではの目線での節約方法についても発信している。簿記2級、ビジネス会計検定2級を保有。