知らないと損!国民年金を「増やす」+「トクする」4つの方法。

多くの人にとって、老後生活における大きな収入源となる年金。そんな大切な存在である年金には、さまざまな制度があります。なかには、将来の受給額を左右する重要な制度も。うまく活用すれば、受給額をアップさせることもできます。「そんな制度があるなんて知らなかった…」と後悔しないためにも、今のうちに知っておきたい年金制度を学んでおきましょう!

① 「繰下げ受給」

「年金をもらえるのは65歳になってから」と思い込んではいませんか?たしかに、国民年金の老齢基礎年金の受け取りは原則65歳からとなっています。しかし、これはあくまでも原則のタイミング。加入が義務である老齢基礎年金と、会社員がもらえる老齢厚生年金に関しては、最長70歳まで受け取る時期を繰下げることができます。

続きを読む

ここで気になるのが、「繰下げたら受給額はどうなるのか」という点でしょう。受け取る時期を遅らせると、そのぶん受給額は増額されます。では、具体的にどのくらいアップするのでしょうか。

繰下げ請求時の年齢と増額率(昭和16年4月2日以後に生まれた方)

66歳0カ月~66歳11カ月・・・8.4~16.1%
67歳0カ月~67歳11カ月・・・16.8%~24.5%
68歳0カ月~68歳11カ月・・25.2%~32.9%
69歳0カ月~69歳11カ月・・・33.6%~41.3
70歳0カ月・・・42.0%

出典:「老齢基礎年金の繰下げ受給」 日本年金機構

たとえば、2020年4月時点での老齢基礎年金の受給額は年間781,700円※(満額)ですので、仮に70歳まで受給開始を遅らせた場合には、受け取る年金額は年間328,314円(781,700円×42.0%)増える計算になります。(※20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた方の場合)

言い換えれば、「受給開始を繰り下げることで、年金受給額を最大42%まで増額できる」というわけです。なお、2022年4月以降は75歳まで繰り下げできるようになる予定です。詳しい注意点については、日本年金機構の「老齢基礎年金の繰下げ受給」をご覧ください。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。