パートナーとの円満度で「プレゼントの金額」も変わる!?~「いい夫婦」になるための4カ条~

「夫婦円満」のための4カ条

では、パートナーと円満な関係を築くために、日常の中で実践できることについて考えていきましょう。

その1: いい意味で「諦める」

結婚生活に期待をしすぎると、つい自分の理想をパートナーに押し付けてしまいます。「家は常に綺麗な状態にしたい!」「ずっと新婚生活のようなラブラブでいたい!」といった理想は、ある程度諦めましょう。「現実はこんなものだ」と受け入れると、気持ちが楽になりますよ。

その2:「ありがとう」と伝える

先ほどの調査結果にも登場したように、夫婦円満には「感謝の気持ち」をもつことが大切です。日常の中でも、パートナーに何かしてもらった際には、素直に「ありがとう」と伝えましょう。お互いに感謝し合う姿は、お子さんにとってもいい影響になりますよ。

その③:「食べ物のちから」も有効!?

素直に「ありがとう」「ごめんね」と言いにくい方は、食べ物の力を借りてみるのも1つの方法です。大好物の手料理で胃袋をつかむのもよし。「いつもありがとう」と言って相手の好きなものを買ってくるのもよし。

喧嘩の後に仲直りのしるしとして渡すのであれば、二人でシェアできるものがオススメです。夫婦仲がより一層深まるでしょう。

その4:イライラしているときは「自己申告」

イライラした状態だと、つい家族に当たってしまいがち。その結果、「私が何をしたっていうのよ!」「なんだ、その態度は!」と夫婦喧嘩になってしまう可能性もあります。

そこで、心が不安定なときは事前に伝えておくとよいですよ。イライラしている理由も説明しておけば、パートナーも納得してくれるはず。

さいごに

夫婦円満でいるために、なにか特別なことが必要というわけではありません。プレゼントも然り。たいせつなのは、普段の関わり方を意識することです。それだけで、家庭の雰囲気は自然と明るくなっていきます。

今年も「いい夫婦の日」をきっかけに、パートナーへ日ごろの感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

【参考】
明治安田生命 「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施!コロナ禍で「仲がよくなった」と回答した人は「仲が悪くなった」人の約3倍!理想の有名人夫婦 「三浦友和・山口百恵」夫妻が15年連続トップ! 明治安田生命

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。