パートナーとの円満度で「プレゼントの金額」も変わる!?~「いい夫婦」になるための4カ条~

夫婦の会話

例えば、会話においては、「平日の会話時間はどれくらいですか」という問いに対し、「円満である」に該当する人の平均は約146分、「円満でない」は約53分となっています。(「どちらともいえない」を除く、20~50代調べ)

同じく「休日の会話時間はどれくらいですか」という問いに対しては、「円満である」に該当する人の平均は約273分、「円満でない」は約83分という結果に。平日、休日ともに、円満である人と円満でない人の会話時間には、約3倍もの差が見られました。

ちなみに会話の内容は、「子どものこと」が、「円満である」64.2%「円満でない」58.3%と、ともにトップ。一方「テレビなどのニュース」「休日の予定」「夫婦のこと」といった話題については、「円満である」と「円満でない」とでは、30ポイント以上の差があることがわかりました。「子どものこと」以外の会話の多さも、夫婦円満の秘訣のようです。

感謝の気持ち

そのほか、家事の負担や健康面に配慮するなど、相手を思いやる気持ちもポイントのようです。夫婦円満でいるためには、普段から夫婦間のコミュニケーションを大切にし、相手を気遣う気持ちをもつことが重要だといえるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。