「背伸び消費」が原因で離婚⁉年収1000万円でも「貧乏に陥る」落とし穴。

年収1,000万円は、一種のステータスと考える人も少なくありません。国税庁発表の「平成30年分 民間給与実態統計調査」によれば、年収1,000万円に達しているのは全体のわずか5%であるそうです。

1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与が441万円であることから見ても、その倍以上となる年収1,000万円がどれほど高給であるかが分かりますよね。

しかし、高給なイメージであるからゆえの落とし穴もあるようです。年収が1,000万円を越えていながら、ある理由で離婚を選択するに至った方に話を伺いました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

都内在住、元IT企業OL。育児や節約、社会問題について、共感できる情報を発信していきます。