すかいらーくHDなどファミレス株がコロナ第3波で急落! 日経平均株価は9連騰ならず 【東京株式市場】 2020年11月13日

copy URL

東証マザーズ株価指数は3日続伸、売買代金は31日連続で2,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億2,403万株、売買代金は2,981」億円となり、いずれも前日より増加しました。

売買代金は143日連続で1,000億円を超え、31日連続で2,000億円を上回るなど高水準を維持しています。

また、主力銘柄が買い戻されたこと等から、株価指数も堅調に値を上げて3日続伸となり、再び着々と1,200ポイントを固めています。

ファーストリテイリングが連日の上場来高値更新、コロナ第3波襲来で外食関連株が急落

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ファーストリテイリング(9983)
  • 東京エレクトロン(8035)
  • エムスリー(2413)

DCMホールディングス(3050)の傘下に入ることを表明していた島忠(8184)が一転、ニトリホールディングス(9843)からの買収提案を受け入れるというニュースが流れました(注:引け後に正式発表)。

これを受け、袖にされたDCMホールディングスを含めて3社とも株価が堅調に推移しましたが、株式市場では概ね織り込み済みだったため、極端に大きな値動きは見られませんでした。

また、売りに押された自動車株の中で、前日に大幅赤字決算を発表した日産自動車(7201)が悪材料出尽くし期待から買われ一時+9%高まで急騰し、既に決算発表が終わっているスズキ(7269)は年初来高値を更新しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。