20代~30代は「貯金箱」を使ってる?あなどれない「貯金箱」4つのメリット

Kencing / shutterstock.com

子どもの頃に使っていた「貯金箱」。お金を貯めるアイテムの1つで、とても馴染み深いものかもしれませんね。今ではもっとシンプルにデジタル化されていることもあるのでしょう。でも筆者はアナログな貯金箱を使うのはとても理にかなっていると考えています。

貯金箱を使う30代は7人に1人

㈱インフキュリオンの子会社、㈱ネストエッグが行った「貯金に関する調査」によると、貯金箱を使っている人は、20〜29歳で15%、30〜39歳で13%となっています。30代で考えると約7人に1人の割合です。デジタル世代のように思えるこの年代でも、アマログな貯金箱を使っていることがわかりました。この理由として筆者は小銭が増えてしまうからではないかと考えています。

続きを読む

今はキャッシュレス決済が増えていて、現金を使うことも減ってきています。でも気づいたらお財布に小銭が…ということが度々ありました。その理由として考えられるのは以下の2つです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
川崎 さちえ(フリマアプリ・ネットオークションの専門家)

フリマアプリ・ネットオークションの専門家。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。
現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、
ユーザーとして出品や購入の経験を積む。
家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。
高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。