60代、70代が「老後に新たに不安に感じること」第1位は? コロナ禍で変化した価値観

「コロナで私たちの生活や価値観は大きく変化した」という内容のニュースを耳にすることは多いですし、実際、コロナ流行の前後で自分の意識の変化を感じている人も多いのではないでしょうか。

コロナ禍はすべての人に幅広く影響を及ぼしていますが、なかでも60代以上の人は新型コロナに罹患すると重症化しやすいと言われていることもあり、シニア世代は新型コロナによる影響を他の世代の人よりも色濃く受けている傾向にあります。実際に筆者の母親は60代ですが、外出から帰ってきた際の消毒の徹底ぶりは筆者の比ではありません。

続きを読む

そこで今回は、最新の調査結果を元に、コロナ禍を経てシニア世代の価値観がどのように変わったのかを見ていきたいと思います。

新型コロナの影響で老後に新たに不安を感じることは?

今年10月にメットライフ生命保険は、全国47都道府県の20歳~79歳までの男女を対象に実施した「老後」に関する調査の結果を公表しました。それによると「新型コロナの影響で老後に新たに不安を感じること」について、20代~50代の世代はいずれも「お金」がトップにきていますが、60代~70代では「健康」が41.2%でトップになっています。

20代~50代はいずれも2位が「健康」であり、60代~70代でも2位が「お金」であることから、新型コロナに起因する「健康」と「お金」に関する不安は根強いことがわかります。

ただ、20代~50代の世代での「お金」と「健康」のポイント差が10ポイント程度なのに対し、60代~70代世代での「健康」と「お金」のポイントは15ポイント程の差をつけていることから、いかにシニア世代が新型コロナによる健康への影響を懸念しているかが読み取れそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

お金に関する様々なお役立ち情報を、分かりやすくお伝えします。
趣味は日本各地のクラフトビールの飲み比べ。