宝くじで1億円当たったら、何に使う?

「宝くじ」、みなさんは買ったことがありますか?

「買わないくせに、当たったときの使い道だけは妄想しちゃうんだよね…」って人も多いかもしれません。「捕らぬ狸の皮算用」といったところでしょうか。

そんな冗談はさておき。

一般財団法人日本宝くじ協会が公表した「第15回宝くじに関する世論調査」の結果によると、ジャンボ宝くじの1等と前後賞を合わせた賞金の希望額で、最も回答率が高かったのは「1億円(21.6%)」。1億円未満と回答する割合は前回よりも減り、みんなの希望額は高額化する傾向にあるようです。

続きを読む

さて、もしほんとうに1億円が当たったら、みんなはどんなことに使おうと思っているのでしょう。宝くじに関する意識調査の結果から、みんなの本音を探ってみましょう。

全体の約6割が「宝くじを買ったことがある」

LINE㈱が運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」が行った「宝くじで1億円当たったときの使い道に関する調査」で、まずは宝くじの購入経験について質問をしています。

「宝くじを買った経験があるか?」
「ある」と答えた人は全体の約6割。これを年代別で見てみると以下のようになります。
10代…18%
20代…36%
30代…67%
40代…78%
50代…86%
【出典】「宝くじ購入の経験について」(LINEリサーチの調査より)

年代が上がるにつれて、宝くじを買ったことがある人の割合が増えていますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。