もっともお金がかかる世代40代。「貯蓄額」と「将来貰える年金額」はいくら?

負債も多い40代 

しかしながら、貯蓄額を見ていくために忘れてはいけないのが「負債額」です。同調査によると、40~49歳の勤労世帯の負債額は「1,120万円」あり、住宅・土地のための負債が1,053万円とその大部分を占めていることが分かります。40代はまだまだ住宅ローンなどが残っており、負債額も多いということなのでしょう。さらに、貯蓄額から負債額を引いた純貯蓄額を計算してみると、なんとマイナス63万円となり、貯蓄どころかむしろマイナスとなってしまっている現状が読み取れます。

しかしながら、そんな状況で老後は大丈夫なのかと不安になる必要はありません。同調査によると、50~59歳の純貯蓄は1,067万円、退職金がプラスされているであろう60~69歳の純貯蓄は1,906万円という結果も出ています。子供の独立などで教育費が落ち着き、住宅ローンの終了も見え始めると一気に貯蓄額が上振れし、老後資産をぐっと貯めやすくなってくるというわけです。50代以降、いくら貯められるかが肝となってくるわけですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

金融業界・教育業界でのOLを経て現在は主婦に。小学校・中学校・高校の第一種教員免許保持者。
探究心強めな性格を活かして、生活に役立つ情報を発信していきます。