無年金・低年金をどう回避する?「イマドキのねんきん事情」

「老後、本当に年金ってもらえるの?」「保険料の納め損では?」

漠然とした「年金不安」を抱えている現役世代は少なくないでしょう。

働き方や収入、年金保険料の納付具合によって、老後にもらえる年金額には個人差が出てきます。なかには「年金がゼロ」「一応年金はもらえるけれど、非常に少額」といったケースもあります。

こうした「無年金」「低年金」になるのはどんな場合か整理していきます。また、ご自身がこうしたケースに該当した場合に、今から講じることができる対策についても触れていきます。

続きを読む

みんなの年金事情~「平均額」と実態~

厚生労働省の「厚生年金保険・国民年金事業年報」(2018年)によれば、厚生年金に加入している人の平均年金月額は、全体で14万3761円(うち男性が16万3840円、女性が10万2558円)です。

また、国民年金に加入している人、もしくは専業主婦(主夫)がもらえる平均年金月額は全体で5万5708円(うち男性が5万8775円、女性が5万3342円)となっています。

『老齢基礎年金』『老齢厚生年金』金額帯ごとの受給権者数はどのぐらい?

さらに、厚生年金保険(第1号)(※1)と、国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2018年度末)の受給権者数の分布は以下のようになっています。

どちらも、平均年金月額に近い金額帯がボリュームゾーンとなっている一方で、厚生年金でいえば5万円未満、国民年金でいえば3万円未満など、生活ができるかどうかといったレベルの金額帯の人も、かなりの数存在していることがわかります。

(※1)厚生年金(第1号)
厚生年金保険の被保険者のうち、民間の事業所に使用される者。(企業年金連合会HPより)

厚生年金保険(第1号)老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2018年度末)

拡大する

※厚生労働省の資料より編集部作成

国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2018年度末)

拡大する

※厚生労働省の資料より編集部作成

【出典】「厚生年金保険・国民年金事業年報(平成30年)」厚生労働省

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。