「介護を拒否する心理とは?」私が認知症の人と信頼関係を築いた4つの方法。

④ 介助が終わったら「ありがとう」と声をかける

介助が終わったとき、疲れた顔をしたりため息をついたりすれば、介護される側は申し訳ない気持ちや嫌な気持ちになります。

介助させてくれて「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えましょう。

介護者の態度が、介護される側に影響を及ぼすことは少なくありません。介護者がきつい態度で接すれば、介護される側も不信感が募り、きつい態度をとるようになるのです。

「ありがとう」という言葉は、認知症高齢者でも理解しやすいワードです。この言葉を伝えることで、自分は嫌がられていない、次も介助してもらって良いのだという安心感が生まれます。積極的に、お礼やねぎらいの言葉をかけましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

介護福祉士・福祉住環境コーディネーター2級・福祉用具専門相談員の資格を保有。


特別養護老人ホームでの介護職や、福祉用具レンタル会社での住宅改修業務を経験し、現在はwebライターとして活動中。

介護職時代のリアルな実体験や、細かな介護方法、介護リフォームなどの知識を、分かりやすく発信していきます。