男と女の生涯年収、どれくらい違う?学歴や雇用形態で比較

Hyejin Kang/shutterstock.com

男女雇用機会均等法が制定されてから35年経ちますが、まだまだ仕事における男女格差の解消には至っていないのが実情です。女性が仕事を続ける上で、妊娠、出産、育児の問題は大きく、正規雇用者として働き続けることを困難にしたり、昇進の道が閉ざされる要因になることもあります。

こうしたことが、生涯に受け取る賃金の総額にどの程度影響するのでしょうか。男女の生涯賃金をデータで比較してみたいと思います。

男女の生涯賃金を比較すると…

続きを読む

独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)の『ユースフル労働統計』(2019)の調査による男女の生涯賃金の比較を見てみましょう。

学校を卒業して、すぐにフルタイムの正社員として働き始めて、60歳で定年を迎えるまでに得た賃金の総額(退職金は含まない)を、男女別、学歴別でグラフに表しました(グラフ参照)。

フルタイム正社員の男女別生涯賃金

拡大する

出典:JILPT『ユースフル労働統計2019』を元に筆者作表 ※同一企業継続就業とは限りません。

性の場合、すべての学歴で生涯賃金は2億円を超えていますが、女性の場合、2億円を超えるのは大学・大学院卒だけです。男性と女性とでは、高専・短大卒でおよそ4,000万円、他は5,000万円以上の開きがあります。

このデータは男性も女性も60歳までフルタイムの正社員として働いた場合の差なので、たとえば女性が途中でパートに切り替えて労働時間が大きく減ったわけではないことを考えると、職種の賃金差や昇給などの要素が影響していると推測されます。

次に非正社員の生涯賃金を見てみましょう(グラフ参照)。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
石倉 博子(ファイナンシャルプランナー)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。
"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。
難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。
趣味は読書とイラストを描くこと。