年収500万円世帯の貯金はいくらか

miniwide/Shutterstock.com

GoToキャンペーンの効果で、観光地が賑わっている様子をニュースで見ることが多くなりました。

人出に期待が高まる一方で、場所によっては閑古鳥が泣いている旅館やホテルもあります。全国一律に景気浮揚とは、いかないようです。

不景気な状況を目の前にすると、いつ自分にその影響が及ぶのか心配になりますね。

そのような時、生活の支えになるのは貯金です。いくらあれば安心できるか、考え方によって異なりますが、他人はいくら持っているのか参考にしたいものです。

続きを読む

そこで本日は年収500万円の人が保有している貯金額について調べてみました。さっそく見ていきましょう。

年収500万円は何人いるか

令和二年9月に国税庁が発表した「令和元年分 民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得者は5,225万人にのぼります。

その中で、年収300万円超400万円以下の人が890万人でいちばん多く、全体の17%を占めます。ついで200万円超300万円以下の人が多く、742万人で全体の15%となっています。

では、年収500万円の人はいったい何人いるのでしょうか。

それでは、下記をご覧ください。

令和元年分

  • 500万円超600万円以下・・・5,328千人(10.1%)
  • 600万円超700万円以下・・・3,397千人(6.5%)
  • 700万円超800万円以下・・・2,315千人(4.4%)
  • 800万円超1,000万円以下・・・2,554千人(4.8%)
  • 1,000万円超2,000万円以下・・・2,286千人(4.3%)
  • 2,000万円超・・・275千人(0.5%)

年収500万円超600万円以下の人は10人に1人の割合でいることがわかります。

ちなみに年収600万超になりますと、その割合は徐々に減っていきます。つまり年収のボリュームゾーンは概ね、年収500万円台までということになります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。AFP、一種外務員等の資格を保有。