年収500万円世帯の貯蓄はいくらか

それでは、年収500万円未満世帯の貯蓄状況をみていきましょう。

総務省統計局が発表した「家計調査/貯蓄・負債編2人以上の世帯詳細結果表」から、勤労者世帯の「年収500~550万円未満」、「年収550~600万円未満」の貯蓄額と内訳は下記のとおりです。

500~550万円未満

貯蓄・・・829万円
〈内訳〉

  • 通貨性預金(普通銀行等、郵便貯金銀行)・・・289万円
  • 定期性預貯金(普通銀行等、郵便貯金銀行)・・・247万円
  • 生命保険など・・・201万円
  • 有価証券・・・83万円
  • 金融機関外・・・10万円

550~600万円未満

貯蓄・・・948万円
〈内訳〉

  • 通貨性預金(普通銀行等、郵便貯金銀行)・・・334万円
  • 定期性預貯金(普通銀行等、郵便貯金銀行)・・・295万円
  • 生命保険など・・・206万円
  • 有価証券・・・94万円
  • 金融機関外・・・20万円

年収500万円世帯の資産構成は大部分が預貯金と生命保険で占められているのがわかります。

また、株や投資信託などの有価証券などは、預貯金の1割程度を占めており、多少のリスクをとって運用を行っている状況がわかります。将来の貯金や年金のために、iDeCoやNISAを活用しているのかもしれません。