今後どうなる「夫の育休」、意識の男女差&妻たちの本音。

まとめ

男女ともに8割以上が賛成し、実際に取得した男性の約8割が満足している「男性の育児休暇」。しかし、「育休をしたい・してほしい」と答えた割合は男性の60.5%、女性51.1%となっています。この差は、「収入が減るのは困る」「なんとなく取得しにくい空気が漂っている」と二の足を踏んでいる家庭の多さが反映されているのかもしれません。

メディアでは話題になるものの、利用者はまだまだ少ないのが現実です。制度の整備だけではなく、職場全体の理解と収入面のサポートがあれば、より男性が育休を取得しやすい世の中になるのではないかと思います。

【参考】
イクメン白書2020」積水ハウス株式会社

犬養 のぞみ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

人材派遣会社にて採用管理業務を10年ほど経験後、結婚・出産。
現在は一般企業で就業するかたわら、出産・育児・仕事に関する記事を執筆しています。