還暦を迎えた60歳の貯蓄額と「ゆとりある生活に必要な金額」はいくら?

copy URL

老後を見据えた資金計画が重要

還暦後の生活スタイルは人それぞれですが、自由に生活するためにはそれに先立つお金が必要なのもまた事実です。

定年を目前に控えてお金がないと焦ってみても、天からお金が降ってくることなどありはしませんから、定年を迎える前までに十分な準備をしておかなければなりません。

「老後資産2,000万円」というのはあくまで試算ですが、早い段階から老後の生活を具体的にイメージして準備を始めることは大切です。その1つの手段として資産運用がありますが、長期投資で将来に備えるためにも、できるだけ早めにスタートしたほうが良いでしょう。

まとめ

この記事を読んでいるすべての人がいつかは「還暦人」になるわけですが、その時に自分の希望通りのゆとりある生活を送れるかどうかは、貯蓄金額によるところが大きいようです。

貯蓄をするために今よりも給料が高い会社に転職するのも良し、毎月の貯金をいくらか資産運用に回すのも良し、将来のために自分が今何ができるのかを考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

【参考資料】「2020年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社)

川上 俊介

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

京都大学大学院情報学研究科を修了後、リクルート住まいカンパニーに3年間勤務。退社後は金融関係の情報を中心に発信するライター/コラムニストへと転身。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Abema」「Credictionary(セゾンカード)」などに寄稿中。