貯蓄上手さんに共通する「6つの特徴」でキラリと光る、「お金以外に大切なこと」

copy URL

「貯まる人」が「お金の面」で気を付けていること

多くの世帯が貯蓄額の平均値を下回る一方、将来のためにしっかりと貯蓄をしているケースも存在します。そのような「貯まる人」は、金銭面においてどのような点に気を付けているのでしょうか。

収入と支出を把握している

貯蓄をするうえで大切なのは、毎月の収入と支出の状況を掴んでおくこと。そのため、家計簿や資産管理表を活用し、家計の内訳やバランスを把握したうえで貯蓄している人が多くみられます。毎月の収支を掴めていない人は、家計簿の作成からスタートしてみましょう。

必ずレシートを受け取っている

レシートは家計簿に記録する際に役立つだけでなく、「自分がどこで何を買ったのか」「無駄遣いをしていないか」の分析にも役立ちます。お金が貯まる人は、こうした貴重な材料も活用しているのです。

財布の中を整理している

必ずレシートを受取っているとはいえ、それらが財布の中に大量に入ったまま…というわけではありません。貯まる人は毎日のように財布の中を片付けているため、中身が整理された状態を保っています。

また、財布自体の状態がいいという共通点も。お金を大切にしている人は、お金を入れるものも丁寧に扱っているのですね。

節約と趣味を両立している

継続的に貯蓄に取り組む秘訣は、ストレスをうまく解消することです。少し工夫すれば、節約と趣味を両立させることも不可能ではありません。

自治体のスポーツ施設を利用して体を動かす、図書館で借りた本で読書をするなど、支出を抑えながら趣味を楽しみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。