「棒ラーメン」のマルタイが業績絶好調! キャンプブームも追い風?

今期Q1大幅増益で通期予想は上方修正の可能性も

キャンプブームもマルタイの成長を後押しか

本州では日清やマルちゃんなどのナショナルブランドがメジャーですが、九州でマルタイは圧倒的な存在感を誇ります。若干ジャンルが異なりますが、東海地区の「スガキヤ」に似た存在といえるでしょう。

また、コロナ禍の前からブームとなっていたキャンプでも、棒ラーメンが重宝されています。

以前からアウトドア関係者の間では登山食やキャンプ飯として、持ち歩きにかさばらず・手早く食事の準備ができ・野外でもおいしい棒ラーメンの存在は知られていましたが、昨今のキャンプブームで裾野が広がっているようです。

コロナ禍での”テレワーク昼食”に加え、こうしたキャンプブームもマルタイの追い風となっているのではないでしょうか。

2021年3月期の第1四半期は対前年同期比で経常利益が約6倍に

今期(2021年3月期)のマルタイの決算は、第1四半期(Q1)から大幅な増益を見せています。

  • 2021年3月期Q1:売上高25億円(対前年同期比+28%増)、経常利益4.0億円(同+479%増)、四半期純利益2.7億円(同+478%増)
  • 2020年3月期Q1:売上高20億円(対前年同期比▲2%減)、経常利益0.7億円(同▲32%減)、四半期純利益0.5億円(同▲54%減)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 石井 僚一
  • コラムニスト/元ベンチャーキャピタリスト

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て個人投資家・ライターに転身。株式市場や個別銘柄の財務分析、為替市場分析を得意としている。ライターとして複数媒体に寄稿中。