行動科学からつかむ「苦手なあの人」への正しい接し方

身近に苦手な人がいると、毎日ストレスを感じてしまうものです。そういった相手にうまく対応できる方法はあるのでしょうか。

ここでは人の行動パターンを4タイプに分ける「DiSC理論」を紹介し、それぞれのタイプに合った具体的な対応方法をお伝えします。

“いつも苦手なあの人”への正しい接し方が分かれば、普段のコミュニケーションが楽になるはずです。上司・部下との折衝、取引先との商談など、ビジネスでの対人関係においても、きっと役立つ場面があるでしょう。

続きを読む

DiSC理論とは

DiSC(ディスク)理論とは、1920年代にウィリアム・M・マーストン博士が提唱した、人間の行動パターンを分析する理論です。彼はウソ発見器の生みの親としても知られています。

この理論では、人の行動傾向を以下の4タイプに分類します。

  •  D(Dominance)=主導型
  • i(influence)=感化型
  •  S(Steadiness)=安定型
  •  C(Conscientiousness)=慎重型

一つ注意したいのは、どのタイプが良い悪いというものではありません。あくまで行動特性として捉えるための要素ということです。どんな人もこの4つのタイプに当てはめることができますが、必ずしも一つのタイプとは限らず、複数のタイプを兼ねている人もいます。

自分がどのタイプなのか、そして苦手な相手はどのタイプなのか。自分と相手の特徴や違いを理解することで、スムーズなコミュニケーションの一歩となるでしょう。

それでは、具体的に各タイプの特徴と対応方法を見ていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

編集・ライター

東京都在住、一児の母。


子育てと仕事を両立できる働き方を模索し、現在は週2勤務の会社員+フリーランスの編集ライター。

子ども優先・無理しない働き方を軸に『ゆとりのある複業』を実践している。

 

そんな自身の経験から、働き方やキャリアの分野を中心に執筆中。

その他得意ジャンルは、暮らし、子育て、美容など。

筑波大学人文学類・言語学専攻卒。

Twitter:https://twitter.com/Chakimama1
note:https://note.com/chakimama