PS5減産報道のソニーが直後に大幅安! 日経平均株価は4日ぶり反落

【東京株式市場】 2020年9月15日

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • テルモ(4543)
  • ソニー(6758)
  • 京セラ(6971)

通信株がなかなか下げ止まらず、KDDI(9433)とNTTドコモ(9437)が続落し、日本電信電話(9432)も大幅安となり、ソフトバンクグループが売り出しを実施するソフトバンク(9434)は連日で年初来安値を更新しましたが、その後の買戻しで終値は反発しました。

また、小売り株ではドラッグストア株が一斉に売られ、スギホールディングス(7649)、マツモトキヨシホールディングス(3088)、ウエルシアホールディングス(3141)が大幅安となり、前日に好調な決算発表を行ったツルハホールディングス(3391)も材料出尽くしで大幅下落となっています。

その他では、取引時間中にゲーム機PS5の減産計画が報じられたソニーが一時▲4%安に迫る急落となり、終値も大幅下落のまま引けたことが注目されました。

なお、従業員(正社員、嘱託社員など)の冬季賞与▲70%削減が報じられたオリエンタルランド(4661)は一時▲3%超安まで値を下げましたが、終値は小幅安に止めています。

新興市場(東証マザーズ)では、サンバイオ(4592)が+20%高の大爆騰でストップ高となったことが目を引きました。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。