退職金を公務員はいくら、もらえるのか

民間企業では、大学卒と高校卒の退職金額の差が開いているのがわかります。

公務員は定年が60歳ですので、大学・大学院卒だと最高38年の勤務期間となります。勤務期間40年以上は高校卒の方と考えられます。

これを踏まえて、国家公務員の表を、改めて見てみると、勤続年数が35~39歳の場合、40歳以上の場合、いずれも平均退職金額に大きな差を設けていないことがわかります。

まとめにかえて

公務員の退職金は2,000万円を超えており、民間企業よりも高めであることがわかりました。一方で、民間企業の退職金額と乖離しないよう、適正化も図っているようです。

しかしながら、いくら民間に近づけているとはいえ、公務員の退職金制度が廃止されるという事態は考えにくいですね。冒頭でもお伝えしましたが、民間企業では、退職金制度を廃止もしくは減額した企業もあります。

公務員になられる方、公務員として勤務されている方は、退職金が無くなるという事態は想定しづらいかもしれませんが、減額の可能性はあるかもしれません。

退職金が無い企業に就職する可能性がある方も含め、若いうちから、退職金に代わる資産の準備を行うことも考えておいた方が良いでしょう。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

参考文献

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。