40代で老後の準備、はじめるならiDeCoとつみたてNISAどっち?

つみたてNISAとは何か

ではここからはつみたてNISAを見ていきましょう。

金融庁のホームページによると、つみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)とは

特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

前項でご紹介したiDeCoは厚生労働省が監督官庁でしたが、NISAとつくものは金融庁が監督官庁となっており、国民の利殖のための制度となっています。

つみたてNISAが出来る人の条件とは

では、つみたてNIISAの利用条件を確認してみましょう。

【利用条件】

  • 日本にお住まいの20歳以上の方(※1)(口座を開設する年の1月1日現在)
  • ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能

このようにiDeCoと違って利用出来る人の条件は、20歳以上であれば誰でお利用出来ることから始めやすいといえます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。