「貯蓄上手を目指そう!」レジ袋有料化で考える、“節約&お金の新常識”

2020年7月より「レジ袋有料化」がスタートし、買い物の際にマイバッグを持ち歩くことが新常識になりました。うっかり忘れ、3円程度のレジ袋を買って、「もったいないな」と感じたことはありませんか?

節約上手になるためには、日々の生活でのうっかり無駄遣いをなくすのが近道。レジ袋と同じく、これまでの習慣を見直して「節約&貯蓄の新常識」を活用していきましょう!

「貯蓄」と「負債」、みんなはどれくらい?

2019年の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」(金融広報中央委員会)の調査結果によると、金融資産保有世帯(2人以上世帯)の金融資産保有額の中央値は800万円でした(平均値は1,537万円)。

続きを読む

また、現在の貯蓄が1年前と比べ増えた世帯は22.4%で、その理由は「定期的な収入が増加したから」40.8%、「定期的な収入から貯蓄する割合を増やしたから」27.6%でした。

「老後資金2000万円問題」が話題になったり、消費税増税が行われたことなどをきかっけに、家計を見直す世帯も増えたことでしょう。また、最近では「ポイント投資」や、小口の株式購入が、スマートフォンで気軽に利用できるサービスが増えています。

「ただ銀行に預けるだけ」ではなく、投資という視点で「賢く増やす」方法を意識する人も増えてくるでしょう。

一方で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行はいまだ収束の兆しは見えません。さらなる感染症や、突然の自然災害など、不安をもたらす要素がいつ出現するかも予測は不可能です。そんなとき、家や車のローンといった借入金の返済で困ることはぜひ避けたいですよね。

同調査の結果によると、借入金のある世帯は全体の41.8%で中央値は1,200万円でした。借入の目的については「住宅(土地を含む)の取得または増改築」67.1%、「(車・家具・家電などの)耐久消費財の購入資金」24.3%、「こどもの教育・結婚資金」11.0%でした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。